NC工作機械へデータの送信・受信、切削状況監視、稼動情報収集、生産管理のハードウェアツールならば

   
                                                     [お問い合わせ]
[ホーム] 技術資料 会社概要  お問い合わせ
本文へジャンプ


シリアル/パラレル変換 NC858
1000台以上の接続実績があります。
NC858本体
NC858配線
[テープリーダ経由のRS232C通信 NC858] [画像なし]

 [ 用途 ]
工作機械にRS232Cインターフェースが存在しない場合に、テープリーダ経由でデータの入力が可能です。

NC858を取付けることによりテープ長に関係なく、工作機械のメモリに入力ができ、またはRS232C通信を行いながら加工することが可能となります。
スイッチ切換により、今までご使用いただいていたテープも当然ながら使用できます。
紙テープはもう不要です。

 [ 通信制御 ・ 仕様 ]
データコード:EIA又はISO
プロトコル:プロトコルBのみ フロー制御 DC1(11H),DC3(93H)
ハンドシェーク:ソフト(Xon/Xoff)制御、ハードウェア(RTS/CTS)制御
通信速度:4800,9600,19200,38400,76800bps
バッファ容量:24Kbite(紙テープ長で約60m)
RS232Cインターフェース:あり(DSUB9Sコネクタタイプ)
RS422インターフェース:あり(RJ45コネクタタイプ)
消費電力:DC5V/2A またはAC100V/0.15A
本体基盤外形寸法:

 [ 取付実績 テープリーダ ]
FANUC、SANYO2302、SANYO2401、OKUMA、TOSHIBA、RICHO、他

 [ 取付イメージ ]
下記構成の取付を実施します。
 NC858を盤内に取付けを行います。

 NC工作機械とNC858間の配線作業を行います。

 NC工作機械とNC858のパラメータを調整します。

 NC858とPC間のケーブル配線を行います。
 

 通信の動作確認を行います。

[NC858取付イメージ]
[画像なし]
[画像なし]
[画像なし]
[画像なし]

 

Copyright (C) 1996-2013 FATOOL Corporation. All Rights Reserved.