NC工作機械へデータの送信・受信、切削状況監視、稼動情報収集、生産管理のハードウェアツールならば

   
                                                     
[ホーム] 技術資料 会社概要  お問い合わせ
本文へジャンプ


プロトコルB/A変換 NC857
多くのDNCメーカーで採用されています。
NC857本体
NC857配線
[画像なし] [画像なし]

 [ 用途 ]
工作機械とのRS232C通信を行う場合、ノイズ対策などで通信内容がより安全な通信手順であるプロトコルAを選択する場合があります。

NC857はプロトコルB通信をプロトコルAに変換して通信を行います。
NC857を使用することにより、現在お使いのRS232C通信ソフトを変更することなく、プロトコルA通信に変更可能です。

 [ 通信制御 ・ 仕様 ]
データ:8bit 2stop nonパリティー
ホスト側:プロトコルB フロー制御 DC1(11H),DC3(93H)
      データコード ISOコード
NC側:プロトコルA ハードウェアー制御
    RTS/CTS(DCコードは未使用)
    データコード パラメータの設定による
    パケットによるハンドシェークをする。
    連続パケットの送出は行わない。(タイムアウト時は除く)
RS232Cインターフェース:あり(DSUB9Sコネクタタイプ)
RS422インターフェース:あり(RJ45コネクタタイプ)
消費電力:AC100V
本体基盤外形寸法:

 [ 取付実績 主要コントローラ ]
FANUC、MAKINO、OKUMA、他

 [ 取付イメージ ]
下記構成の取付を実施します。
 NC857を盤内に取付け電源配線を行います。

 NC工作機械とNC857間の配線作業を行います。

 NC工作機械とNC857のパラメータを調整します。

 NC857とPC間のケーブル配線を行います。

 通信の動作確認を行います。
[画像なし]
[画像なし]
[画像なし]
[画像なし]
[画像なし]

 

Copyright (C) 1996-2013 FATOOL Corporation. All Rights Reserved.